なぜ人は働くのか?

朝、下の娘に、

『パパってどうしてお仕事に行くの〜?』と聞かれました。

ふーむ、なぜでしょう。

大半の人は心の奥底で

まぁ結局のところ、お金のために働いているんだろうな

と思うでしょう。

わたしもそう思います。

いや、お金じゃない!

人の役に立つためなんだ!!!

という方もいるかもしれません。

少し落ち着きましょうԅ( ˘ω˘ ԅ) モミモミ

働くとは?

さて、2歳児の素朴な疑問にパパ、びっくりしちゃったよ(゚д゚)!

『働く』。これは人偏に動くと書きます。

人が動くと働くんです。

物理において「仕事をする」とは

「力を加えて物体を移動させること」

を意味します。

仕事の量は

「力の大きさ × 移動距離」

で計算することができます。

なーんだ、動けば働くのねって考えるのは少し早とちり😉

人とは?

人とは何なのか、考えなくてはなりません。

人。

人とは考える葦である。

フランスの思想家 B.パスカルの言葉です。

「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」として、人間の自然の中における存在としてのか弱さと、思考する存在としての偉大さを言い表したもの。

つまり、考えてこそ『人間』であると。

考えながら動く。それが『働く』なんだなぁと少し分かったようで分からないような。

働き始めて早10年。

わたしは日々、世の中に役立つモノを創り出したいという思いを胸に秘めながら、働いています。

今はちゃんとそれが出来ているのだろうか?

ちゃんと自分の頭で考えてるだろうか?

言われたことを

ヾ(゚∀゚)ノ ハイハイ!

と素直にやっているだけじゃなかろうか。

たまに、

ハイハイ┐(´Д`┌

って感じになっていないだろうか。

片道二時間通勤の電車の中で思うわけです。

ちゃんと考えなきゃなぁと。

そんな朝でした。

そんなこんなで、

みなさん、

( 」゚Д゚)」グッド!モーニング!!

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

  • 作者: 村山昇,若田紗希
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2018/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

読んでいただきありがとうございます!
ぜひ読者になっていただけると更新の励みになります^^

もう一つのブログも楽しく更新しています。ぜひご覧ください♪

RikeiLife(りけいらいふ)|働き世代に役立つスマート家電などを紹介するブログ