嫌われる勇気を持つためには?

嫌われる勇気

かなり有名な自己啓発本。

すべての結果には必ず原因があり、

人間の悩みはすべて対人関係の悩みと断言しています。

「宇宙に他者がいなくなり、自分一人になれば、あらゆる悩みも消え去るだろう」

ほとんどの悩みは人間関係です。

家庭内で、職場内で。

自分の意図が通じない、やって欲しいのにやってくれない。思ってたんと違う。せっかくしてあげたのに!

(#゚Д゚)y-~~イライラ

そんなことありますよね。

あなたは30半ばのサラリーマン。

上司と部下の板挟みのいわゆるマージナルマン。

チームリーダーとしてチームを纏めるため、メンタルヘルスマネジメントの勉強をしつつ、自分が病んでしまうのを予防するだけでなく、チームメンバーのケアも必要なお年頃😉

さぁどうしましょう?

嫌われる勇気はなぜ必要なの?

対人関係を誤りやすい人間の普遍的な欲求が、 「優越性の追求」。

生まれ持った無力な状態を脱して理想を追求する。この「優越性の追求」によって起きるのが「劣等感」。

学歴が低いから成功できない、とか、

器量が悪いから結婚できない、など、

劣等感を言い訳に使うことを「劣等コンプレックス」。

優越性の追求で、自分の理想を求めるのではなく、他人と比較してしまうと、『競争』になってしまいます。

『競争』があると、他人を敵とみなすようになり、周り中自分を陥れようとする敵で満ちあふれた恐ろしい世界に/(^o^)\

他人との比較ではなく、自分の理想と比較して向上することにより、他人は『仲間』となって対人関係の悩みは減り、世界は安全な場所に様変わり。

(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

嫌われる勇気を持つために

行動面の目標は、

1.自立すること

2.社会と調和して暮らせること

それを支える心理面の目標は、

1.自分には能力がある、という意識

2.人々は自分の仲間である、という意識

これらを持つこと。

あらゆる対人関係のトラブルを解消し、人間関係を断ち切らないまま自由に生きる方法があります。

それが承認欲求の否定

人は、他人から嫌われないように、他人の期待に応えようとするから不自由になる。

他人の期待を満たすために生きているんではないんです。

よく言われます、上司から。

次も『期待』してます、と。

もうパッツンパッツンでギリギリ頑張って成果を出したとします。

そんな場合、

(´д`)イヤァ-ン!!

そんなに『期待』に応えられないぃぃぃぃ

ってことになるわけですよ。

期待は嬉しいです。

ただ他人の期待をモチベーションにしてはいけません。

期待に応える。これは他人に依存します。自分ではコントロールできるものではありません。

まずは、この他人からの『期待』に応えようとしない!

期待なんて( ´ー`)シラネーヨ

このふざけた幻想をぶち壊す!

人から嫌われる勇気を持つことにより、自由に生きられるのです。

さぁ、ここでやっとキーワードが出てきましたね。

嫌われる勇気

ではどうすれば、他人の期待に縛られなくても 孤立せずにすむのか?

気になりますよね(・∀・)

それが「課題の分離」です。

『課題の分離』とは、他人の課題と自分の課題を分離し、相互に介入しないこと。

これには2つあります。

1.他人の課題に介入しない

2.自分の課題に介入させない

たとえば、子供の勉強。

子供の勉強はあなたの課題ですか?

違いますよね。

あなたの課題は、子供を信じ、勇気づけることです。

自分の仕事もそうです。

上司のせいで仕事ができない!

というのは人生の嘘で、

仕事ができないのを上司のせいにしている、

だけ。

この課題を分離すると、上司の部下への接し方は上司の課題であり、自分の課題は、仕事で結果を出すことです。

なんとなく分かりました?

あなたは中間管理職。

部下と上司の板挟み。

さぁどうする?

( ^ω^ )どうしてこうなった!?

という場面も多々あると思います。

そう、いまのあなたです。

ある課題が、誰の課題なのかというと、

その選択によってもたらされる結末を受け入れる人

あらゆる対人関係のトラブルは、

自分の課題に踏み込まれたり、他人の課題に踏み込むことによって起きると考え、

他者の課題にも介入せず、自分の課題にも介入させない。

この「課題の分離」はアドラー心理学ならではの視点。

他人を変えることはできないので、自分が変わる。

それに伴って、他人も変わることがある、かもねぇ

ということです。

これが対人関係のスタート。

さぁ、対人関係を見直してみましょう!

いつやるの?

今でしょ(^_-)-☆

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え