【Windows】仕事の効率をアップさせるキーボードショートカット

キーボード

仕事の効率をアップさせたい。

そんな時はキーボードショートカットを覚えましょう。

基本は

ctrlキーを押しながら、何かのキーを押す。

altキーを押しながら、何かのキーを押す。

Windowsキーを押しながら、何かのキーを押します。

例えば、altキーを押しながらtabキー。

altキーを押したままにしてtabキーを複数回押すと今開いている別のアプリに切り替えることができます。

まずはこれだけ覚えれば作業効率アップ間違いなし!!!

左手だけで操作できます。

  • alt+tab:アプリ切り替え
  • ctrl+tab:ブラウザのタブ切り替え
  • スペース:ページ送り
  • Windows+D:デスクトップを表示または非表示
  • Windows+E:エクスプローラーを開く
  • 覚えておくと便利なショートカットがこちら。左手だけでなく右手が必要な場合もあり。

  • Windows+I:Windows設定を開く
  • Windows+M:すべてのウィンドウを最小化
  • Windows+R:[ファイル名を指定して実行] を開く
  • Windows+S:検索を開く
  • Windows+shift+S:画面の一部をスクショ
  • Windows+M:すべてのウィンドウを最小化
  • Windows+tab:タスク ビューを開く
  • Windows+↑:ウィンドウを最大化
  • Windows+↓:ウィンドウを最小化
  • Windows+←:画面の左側にアプリ移動
  • Windows+→:画面の右側にアプリ移動
  • マウスがなくても便利です♪

    さあキーボードショートカットを使って、作業効率アップしてみましょう!