筆が進まない?そんなときは書くための準備不足!!

今日はなかなか筆が進まない。

いいアイディアが思いつかない。

よくあります。

センスや発想力が足りないからでなく、『書くための情報を集める』という準備が足りていないから。

ちょっとしたコツを

φ(..)メモメモ

  • 今回の記事はどんな内容?
  • それって何?誰が言ってるの?
  • どんな人に読んで欲しい?
  • 感想は?
  • 特に心に響いたことは?
  • なぜそこが心に響いたの?
  • 特に実践したいことは?
  • どのように実践するの?
  • おすすめ度はどれくらい?
  • まず書く前に、事実を集めましょう!

    推測ではなく、『事実』です。

    何よりもあなたの経験(一次情報)はとても価値のあること。

    ここまでちゃんと挙げられれば、書けたも同然。

    挙げられないのならば、準備不足。

    調べましょう、経験しましょう、情報集めましょう。感じましょう。

    逆に言うと、ここまで挙げられれば、記事にすると1000文字、2000文字なんてあっという間です♪

    それでも筆が進まないなら、休みましょう。

    疲れてるんです

    -(:3」z)_

    インプットしてアウトプットするのは人間的な活動ですが、エネルギーが必要です✨️

    改訂新版 書く技術・伝える技術 (スーパーラーニング)

    改訂新版 書く技術・伝える技術 (スーパーラーニング)

    まずは書いてみる

    コツは【情熱で書く】

    先ほどの9つのコツを全て列挙したら。

    完成度は問わず一気に書き上げる。

    なりふり構わず、情報を漏れなく書く。

    書きながら気づいたことや、書きたくなったこと、思い浮かんだことも入れる。

    ただひたすら書く!!

    そして推敲する

    コツ【冷静で直す】

    推敲と修正。

    重複や不要な情報を削りながら、不足している情報を足す。

    「ムダを削る:不足を補う=7:3」くらいの意識がベスト。

    例えばこんな感じ。

    ((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆オラオラオラオラ

    ((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆ムダムダムダムダ

    冷静と情熱のあいだ

    冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

    冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

    何事も情熱が大切。

    ただし、そのあと冷静になって見直してみる。

    元気があれば何でも出来る!

    エネルギー切れで書いた記事ってあまり響かないですからね😉

    今日もゆるゆりと。

    無理せずに進めましょ♪

    改訂新版 書く技術・伝える技術 (スーパーラーニング)

    改訂新版 書く技術・伝える技術 (スーパーラーニング)